歯科材料・機器はリンカイ株式会社におまかせください。

カンデュラー エステティックカラー

おすすめ商品情報

カンデュラー エステティックカラー

エステティックカラーセット

エステティックカラーセットとカラーセットミニ

エステティックカラーは、デンチャーベースレジンの基本色に重要な要素があります。
それは、口腔内に入った時に美しいピンク色であることを目的に開発された光の反射率の高いベースレジンにあります。
このレジンが、エステティックデンチャーベースレジンです。
光の反射率の高いレジンは、製作時やむなく薄くなってしまう部分と厚みのある部分の色むらを抑え均一な色調再現をすることにあります。
エステティックレジンを使うことでより簡単にカラーリング表現をすることが可能になります。

ガラスに色を描くかホワイトボードに色を描く違い


カラーセットが新しくなったポイントは、以前は、エステティックレジンにカラー材(ピグメント)を混ぜる方法で色を作り出していましたが、新しくカラーリングのためのレジン色が追加されたことで色を作る手間がなくなりました。
結果として均一な色表現を繰り返し行うことが容易になりました。
また、事前に色調再現イメージを作るためにデンチャーカラーワックスが準備されています。このワックスは、エステティックレジンのカラーに完全に一致した色調のワックスです。レジンで再現する前にロウ義歯状態で最終色調イメージを作りだすことが可能になりました。

#34+ピグメント(白・黄色)=#53

マージン部分の色を追加再現するために必要な色

以前:エステティックレジン #34 + 色材(ピグメント)白・黄色を混ぜる
現在:エステティックレジン #53(上記の配合色が再現されたレジン色)

操作手順

準備するもの

  1. エステティックレジンポリマー #34(常温重合用または、加熱重合用)
    エステティックレジンポリマー#34
  2. エステティックレジン モノマー(常温重合用または、加熱重合用)
    エステティックレジン モノマー
  3. エステティックレジンポリマー #53
    エステティックレジンポリマー #53
  4. レジンパレット
  5. 築盛用インスツルメントまたは、筆
  6. 混和器、スポイト

手順

  1. パレットにエステティックレジンポリマー#53を適量出し少し多めのモノマーで均一に混ぜます。
  2. 脱ロウ後、分離材を塗布したフラスコ模型マージン部分に筆または、インスツルメントで練和したエステティックレジン#53を築盛します。
    ※毛細管現象を利用して築盛します。
  3. 完全に硬化しないうちに手早くエステティックレジン#34を転入し圧力をかけ仕上げます。

操作手順

操作手順

操作手順

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional